Statues Museum

Siva
創造的破壊の神 シヴァ神像10体

Siva シヴァ :ヒンドゥー教三主神の一人。
三主神とは、創造神とされるブラフマー、維持神とされるヴィシュヌ、そして破壊神とされるシヴァである。
元来は富、幸福、吉兆を意味していましたが、アーリア系の破壊神ルドラと混同され、
破壊及び創造の神となりました。また、舞踊の神様ともされています。和名は「大黒天」。
有名な神話「乳海攪拌」の際には、世界を帰滅させようとする毒をシヴァが飲み干し、
世界を救ったとあります。
どうも破壊のイメージが強いシヴァですが、新しいものを生み出すためには、
古いものを破壊していかなくてはなりません。現代日本に必要な創造的破壊の神様かもしれません。
現状を打破しようとお考えの貴方!いかがですか?

S-626
SOLDOUT

\5,000
ルビー・イン・ゾイサイト
31.9グラム
約45.5×31.5×15.5ミリ

こちらの像はそのほとんどがルビーです。
ゾイサイトの中に含まれるルビーの品質は良くありませんが、
紛れもない本物のルビーです。
光沢はなく、艶消しのような仕上がりですが、
パワー溢れる良い雰囲気になっています。
下のS-627もルビー・イン・ゾイサイトです。
ゾイサイトは、神秘性や霊力を象徴する鉱物とされています。
S-627
SOLDOUT
\2,800
ルビー・イン・ゾイサイト
29.3グラム
約44×34.5×15ミリ

こちらは含まれるルビーの量が少ないです。
偶然か狙ったのかは定かではありませんが、
胸の辺り、丁度心臓の辺りにルビーの結晶が含まれています。

高価な宝石タンザナイトは、青色透明のゾイサイトのことです。
↑S-628
SOLDOUT
\3,500
スモーキークオーツ
33.2グラム
約45×38×17ミリ
背景色により、若干色合いが濃く写っています。
↑S-629
\4,300
サンドストーン(茶金石)
53.1グラム
約58×43.5×16.5ミリ
シンセティックですが、キラキラとした輝きが綺麗です。
↑S-630
\3,800(Reserved)
ローズクオーツ
49.4グラム
約52.5×41.5×19.5ミリ

画像は少し暗めですので、実物はもう少し明るいピンク色です。
↑S-631
SOLDOUT
\5,000
ラピスラズリ
49.3グラム
約58×35×18ミリ
ラピスラズリの色合いはいつも上手に撮れないのですが、
画像ほど均一な色合いではありません。
金色部分はパイライト(黄鉄鉱)、結構多目です。
↑S-632
SOLDOUT
\7,200
ソーダライト
83.1グラム
約69.5×50.5×23ミリ
背中に脈筋が走っていますが、非常に美しい藍色です。
↑S-633
\8,800
バーダイト
74.8グラム
約63.5×40×22ミリ

南アフリカで採出される鉱物で、
アフリカでは彫刻素材として珍重されています。
↑S-634
\8,000
ボーウェナイト(蛇紋岩)
83.3グラム
約63×46×24ミリ

蛇紋岩の中で、緑色半透明のものをボーウェナイトと呼びます。
ご覧の通り翡翠に良く似ており、翡翠の代用品にも良く用いられます。
実物はもう少しグリーンが強く出ています。
↑S-635
\3,400
グリーンジャスパー
48.6グラム
約51.5×38.5×19ミリ

緑の碧玉です。
画像よりもしっかりとした緑色です。

【トップページへ】